スポンサーサイト

--/--/-- [--] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックリハビリテーション(不二家美学目線)

2009/03/17 [Tue] 21:53
捨てきれないものを抱えあげていれば人はいつか重みにつぶれていく。
そして大事なもの達をそこらへんにぶちまける。
起き上がって、かき集めてかき集めて、でもそこには
1番大事なものだけないことに気づいて絶望する。

用心深い俺は無くすことを怖がって、抱えあげるものが増えるたび
少しずつものを捨てていた。
線引きしていらないものを決めていく作業は辛い時もあったけれど、
他人が抱えきれずに潰れるのをみれば不思議と
その辛さはどこかに消えていった。

俺は臆病者のくせに実にクレバーな子供だった。
大事にしろと言われても、それを影でこっそり捨てることができた。
でも、今気づいたら俺の腕は大事なものを山のように抱えていた。
腕が重さと恐怖に震えて、助けを呼ぶ声すらだせない。
慌ててあたりを見回してみれば、
みんなが俺が落とすか落とさないかゲーム感覚で眺めている。
そこにはたくさんの俺がいた。
かっこつけの俺は慌てて1番大事なものだけ力強く握りしめて
他のすべて捨てた。

俺の行動に薄っぺらい賛辞がふりそそいで。
俺は身軽になった体でみんなや賛辞から逃げ出すように走って、
誰もいないか確かめて立ち止まる。
1番大事なものを抱きしめてもそいつは鈍く光るだけ。
全部を大事にできないのかと大事なそいつに言われても
俺は何も言えないで、こっそり振り返る。

がっかりした俺の後ろには、誰かが重みに潰れていた。
まわりの笑い声にそいつは焦って落としたものをかき集めていた。
みんなが指差して笑っても、もう俺にはそいつを笑えなかった。
案の定そいつは1番大事なものをなくしたようだった。
でもそいつの腕の中にはたくさんの大事なものが残っていた。

俺は荷物が重すぎて立てないそいつに手を差し出したいと心から思った。
そいつの手をひっぱったとき俺の1番大事なものがわかるような気がした。
焦って困っている相手に差し出した手。
握り合えば温かくて涙が零れそうになる。
引っ張って、相手を立たせて。
俺は温かいそいつの手を離した時に気づく。

温かさがうつった俺の手には大事なもの少し戻っていた。
スポンサーサイト

あのネイヴィーを越えて(章之目線:再録)

2009/03/08 [Sun] 20:42
海の風に毛先がきしきしいうから、俺は脱色して痛みに痛んだ髪が
もうこれ以上痛まんようにと帽子を被りなおした。
階段に座る俺。隣にはひろし(みつるのギターな!)肩にかけてるみつるがおって
ぼんやりした顔で海をジッと見とった。
何見とん?

「海と空の境界線」

「あの濃い青?」

「ネイヴィー」

みつるはわざとらしく巻き舌を使った。

「ネェイヴィー」

負けじと俺も巻き舌ってやった。俺のが巻いてた! 俺の勝ち。
勝敗の基準なんてこの世界のどっこにもないけどな!

「俺はいつかあのネイヴィー越えちゃうね。ひろしと」

「ぎゃはは! マジ?」

「マジ!」

臆病な俺は言葉を続けんで、ただ笑った。
俺は弱虫やから。
なんかこう、怖くてたまらんようになって、それ以上聞けんかった。

『なぁ、そん時。みつるがネイヴィーを越えた時。
 俺はどこにおるかなぁ。
 何年、何十年たっても俺、おまえらの横におるかなぁ。』

中学を卒業してから、ほとんど連絡をとってない友達の顔を思い出す。
その顔が、何や、前に思い出した時よりもめっちゃぼやけてる気がした。
白くて、濁ってて。かすんでて。怖い。めっちゃ怖い。
何年もしたら、みつるやペコや、いろんな友達ん中で
俺はにじむんかなー?
ぼやけて忘れられるんかな?
海の風は味なんかせんけど、めっちゃしょっぱい気がした。
後ろ向きに考えてしまう自分が情けなくなって、
そんな顔を見られたないから、俺は下を向いて顔を隠した。
俯く俺の横で、みつるは勢いをつけて立ち上がる。
みつるは両手を空に押し出すようにあげて、叫んだ。

「boiboi!!はネイヴィーを越えんぜー!」

な、と声をかけられて、俺は俯いてた顔をあげる。
…ぼいぼい??
俺はヒロシとみつるとペコと あのネェイヴィー越えられるんかな。
ずっと皆でおって。笑って楽しんでいられるんかな。
少なくともみつるはそう思っとる。俺とずっと一緒におるって。
だって、boiboi!!には俺も入っとる!

「おっしゃ!! 俺もネェイヴィー越えるわ――!!」

俺も階段蹴りとばす勢いで立ち上がって、みつるの肩に手を回す。
目の前には視界いっぱいの青が広がっていた。
景色の真ん中を走るネェイヴィーを
俺は腕いっぱい伸ばして指差してやった。

待っとれよ! 俺のネイヴィー!

白いラインの先にトゥモロー(ペコ目線:再録)

2009/02/25 [Wed] 23:59
チカチカと青が点滅する歩道の信号。
俺は車が来ないのをいいことにその歩道の真ん中に立ち止まっていた。
車の音は聞こえない。
時折聞こえる学生の笑い声だけが俺を現実に引き止めている。
歩道の白い線の上で俺は痛いくらい首を曲げて空を眺めた。

昔度胸試しをした。
俺はそれをなんとなく思い出した。
ちょっと悪い事をして、昔の俺や友達は喜んでいた。

一歩でたら先には銃弾が行きかうような場所があって
安全区域とその場所には白い線がひかれている。
俺達は安全区域からその線の上に足をのっけては両手を叩いて喜んだ。
だけど、たまにその線を越えて歩いていく人間がいて、
俺はそのたびにそいつらの背中を羨ましくて睨みつけた。

偶然、線から足を越えさせることができて喜んで振り向けば
一緒にいる友達には安全区域にいる俺しか見えていなかった。

早く大人になることや汚く生きることが格好いいと思ってた。
格好つけることだけに一生懸命になった。
それがどんなものかも、格好つけ方もわからないくせに。

俺は安全な場所で友達に背を向けて足の先で白い線をなぞっていた。
誰かにいきなり背中を押されることを怖がりながら。

「おい! ペコ―! さっさと渡ってよ―! 俺達ずっと待ってんだけど!」

呼ばれる声に俺は空を見るのをやめる。
俺の足は白い線から動いていない。後ろには誰も、何もなかった。
目の前にあっきーやみつるが不思議そうな顔で俺を見ていた。

「おいてっちゃうよー? むつみが待ってる!」

「はよこいやー! 車に轢かれんでー!」

俺は白い線からそっと足を離して歩き出す。
白い線を越えて灰色のコンクリートをスニーカーで踏みしめる。
格好のつけ方がわかったら進む道も見えるのだろうか。
車の排気音が俺たちの騒ぐ声に混じっていた。

理由なんかないけれど、歩みだした道の先には
昔の俺が憧れていた、格好いい背中が待っている気がした。

俺達boiboi!!

2009/02/11 [Wed] 17:40
俺?俺望月みつる。趣味はギター。名前はひろし。
え? あ、うんそう。ギターの名前? え? おか、おかしいかな?
家族は母親と妹。妹は今年6歳でめちゃめちゃ可愛くて
おにいちゃ~ん。むつみ将来おにいちゃんと結婚する~とかいってくれちゃったりして
え? あ、うん。嘘です……
今はまってること? バンド!!boiboi!!っていうRockバンド作った!
ペコとあっきーと3人で作った!
ちょっとずつお客さんも定着してきて…なんていうのかな、ファ、ファン?みたいな!
あ、やば、言いすぎ? ね、あっきーこれ言いすぎ!?(知らん!!!)
でも本当、毎日楽しいです。俺絶対ギターで食べていきます!
そんでむつみと結婚します!!!!


みつる!はよかわって!!
あ、俺は沢井章之!!!!よろしゅーに!!
バンドのドラム担当しとる!!!まだまだ初心者やけどな!
家族は母親と父親と妹と犬!!ゴールデン!!
妹? きっついでー。あーくんあーくん言ってるうちは可愛いんやけどな!
(あーくん? 今のどういうことか千代に説明して!)嘘!いつでも可愛い!!!!
趣味? 趣味はキーボードかな? おかんが先生やったから自然とな!
毎日? まーぼちぼちってかんじ? 今が楽しければ俺はそれでOKやから!
明日のことなんてどうなるかもわからんしな!!
だから俺は今を一生懸命生きてるって感じなんかなー!あ、ええこと言った俺!!


お、あっきーサンキュ!
不二家美学です。別名ペコです。バンドではベースやってます。
趣味はアッハーンなこと、スポーツもそこそこ好き。
あ、夜のスポーツもふくめてOKなんで(笑)でへへ
家族は母親と父親と妹。父親はアメリカ人だけど、
俺が小学校の頃の母親の再婚なんで血は繋がってないんだな~!
ゆえに俺は全然英語が喋れません。むしろ死ぬほど嫌いだね。
全人類日本語をしゃべればいいのにって思うよ!!!!!
えーそんでえーと。え? 妹? 
うーん…美音の趣味は漫画とかー小説とか?
あとアニメとかなんで、部屋の中えらいことになってるかな?
(やめて~!恥ずかしいから美音のことあんまり言わないで~!)はいはい。
今はなんだろう。腹十二分目だね。今のうち遊んでおかないと損じゃない?
そういうふうに割り切ったほうがカッコイイって思います。
個性って集団からはみ出ちゃうと面倒だけど、それでも欲しいなって悩んだり
彼女が欲しくて悶々とする青春まっさかりです!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。