スポンサーサイト

--/--/-- [--] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君はイエローチューリップ(沢井章之目線)

2009/05/20 [Wed] 22:53
俺達は朝学校に行くフリをしてみつるの家にこっそり集合していた。
俺はみつるんちの洗面台で髪を整える。
カチューシャをとって、軽く後ろに流した髪を黒いゴムで結んだ。
カチューシャは鈍く黒光っていて、大事に使ってたんやけど年数を感じた。
フラッシュバックする甘くて苦い思い出を噛み締める。
俺も歳とったんやなぁ、とか。
千代ちゃんは前より大分強なったなぁとか、20代のお姉さんに鼻で笑われるようなことを考えた。

目の前の鏡。その前で、キリッとした顔をしてみるけど…
なんか…軟派な感じがしてならん。
ピンクのポロシャツの襟を直す。

「あっきーそろそろいくよー」

「あいーん」

俺は最後にウェストポーチの位置を調節する。
腰少し下ぐらいがベストやね。
2人はもう家の外にでてて、俺を待っていた。
みつるの私服は普段着っぽいのにどことなくオシャレやった。
ペコは帽子めっちゃ好きって言っとって、こじゃれた帽子なんぞ被ってた。チッ!

俺はちょっと気張ってきたつもりやったからか、緊張も重なっているせいか
頭がごっちゃになっとる。メダパニ!

「あっきー…なんかさ、緊張のせいかなぁ? 怖くない?」

「んなわけないわー!」

「はいはい、みつるは小学校行ってから不安になろうねー?」

俺は全然正直になれない。
言ってしまうと、その弱音が真実になってしまう気がして認められない。
怖い怖い。不安。
俺はキンパになって今まで味わったことがない、見かけだけの評価っていうのを味わってきた。
それでもし、もしもやで?
むっちゃんの評価が下がったら、どうしよう。
俺はそれが不安でたまらん。


教室に入れば、案の定俺らはあからさまな好奇の視線を受ける。
その大半はきっと俺に向けられたもんだと思う。自意識過剰かもしれん。
でも俺目立つし。キンパやし。
小学校の教室は俺の時とかわらんかんじの雰囲気やったけど、
俺がでっかくなったぶん、ちょっと狭い感じがした。
むっちゃんは前の方でピンクタイツの足を軽く前後にばたつかせてる。
振り向いたむっちゃんの驚いた顔。
そんで俺達に手を振ってくれるむっちゃん。
それを見て今日初めて俺はここに来てよかった! 俺正解! って思えた。

ふと、隣をみるとめっちゃ顔が固くなっとるみつるが見える。
それに気付いて後ろから手を回して、チョンチョンと指先でペコの肩をつっついた。
ペコは帽子を手で弄びながら、何? って俺の方に視線で問いかけた。
みつるを指差すとペコはみつるに気付いて微苦笑。俺も苦笑。
なんや、一番気張っとるの俺ちゃうやん。不安なの、俺だけやない。
俺はペコと、みつるのデコをつっついてやった。

「みつる、眉間に皺よっとんで」

「お顔こっわーい」

みつるはようやっと自分の顔に気付いてちょっと笑った。
肩竦めて、自分の服装を直す余裕もできたみたいやった。
俺はシャンと背伸びするみつるを見て思わず一緒に背筋を伸ばす。
物怖じせずに、まっすぐ前を見詰めるみつる。
いっちゃん背の低いみつるが、いっちゃん大きく見える瞬間だった。

ペコの方に視線を移動すると、どっかの若いおかんと話しとった。
開校記念日なんで友人の妹の授業参観に一緒に来たんです。なんて、
笑顔でヌケヌケといっとった。堂々と嘘つけるのは俺らの中ではコイツだけやね。
ペコはいっつも無駄に自信がある。
こん中でいっちゃん面倒くさがりで不真面目なくせに自信だけはある。
俺らだめやなぁ、なんて。
そんなんばっか考えてたら、俺は1人で面白くなってきて、1人で笑った。
自信なくしてる場合ちゃうよなぁ……俺はむっちゃんの応援にきたのに。

みつるの次くらいにむっちゃんを大好きなお兄ちゃんにならな!
俺が俺の中で決めたから!(勝手にな!)

俺はなんでか一生懸命むっちゃんの後ろ姿を見つめて、
隣の席なんで男やねんってみつるとブツブツ文句を言ったりした。
むっちゃんのピースサインに俺もピースして、
俺は自分の妹の千代ちゃんのことも思い出して、なんか胸が暖かくなった。


無事に終った授業参観。真っ先にむっちゃんはみつるのとこに走って
なんであっきーやペコちゃんがいるの? と一生懸命みつるに聞いていた。

「俺はな、むっちゃんの味方やから。どこにでも駆けつけてこれるんやで」

ペコにええ格好しー! と肘でつつかれる。
むっちゃんは、みつるから貰ったかすみ草とピンクのチューリップが入った
ちっちゃな花束を大事そうにもっていた。
チューリップが色違いの花束を俺はむっちゃんに差し出す。
俺のは黄色いチューリップ。花言葉は正直。

「むつみ。あっきーくんも大好き!」

照れるわー! って頭かきながら俺もチューリップを渡す。
本当は俺も大好きやで、なんて、恥ずかしくて言えんかった。
俺は正直な男にはなれんかもしれん。
そんでもむっちゃんに大好きって言ってもらえる男なんだなぁって思えた。

だから俺は、もうなんも恥ずかしくない。
スポンサーサイト

<< キラキラした瞳の中の赤いチューリップ(不二家美学目線) | ホーム | 俺の可愛いピンクチューリップ(望月みつる目線) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。