スポンサーサイト

--/--/-- [--] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みつるは鬼やで!!!!!(沢井章之目線)

2009/07/03 [Fri] 21:31
「なぁ、ペコ。なんかあったん?」

みつるが百数えてる間、ペコと俺はそれぞれ作戦会議をしていた。
どうすれば鬼ごっこがより面白くなるか。
俺らを探してるみつるの背中に何か貼ったろか。
どうやればみつるの鞄に眠ってる小テストの答案をはりつけてやれるだろうかとか、
アホなことばっかりやった。

「なんか面白いことしたくてさぁ。スポーツ系だと頭空っぽにできるからいいけど、
 道具ないし。それなら鬼ごっこかなって」

それならってなんやねん。
俺は後ろから腕を伸ばして、前にいるペコの首にひっかけるようにしてペコに飛びつく。
うげっとペコが変な声をあげた。

「なんなん? 頭空っぽにしてどうにかなんの!?」

「あああああ!! 背中が硬い男の感触いっぱいになってるううう!!」

やめて俺女の子好き! と騒ぐペコを、腕に力をいれてだまらかす。
俺かてノンケやで! 電車のあの子一筋やで!

「…たんだよ」

「あぁ?」

ペコがボソボソと何か喋った。声が小さくて聞き取りにくい。



「綾が男と手繋いで歩いてたんだよ!」



ペコがでっかい声で吐き捨てるように叫んだ。
俺は何を言っていいのかどころか、話を理解することに時間が必要で、
シーンっていうマンガの文字が聞こえるみたいやった。

「うっそぉ…別れてまだちょんみりやんけ」

「別れる前から俺の次はもういたんだろ…」

ペコは叫んだときにうるっときたのか、
鼻をすすりながら、力の抜けた俺の腕をすり抜けていった。
励まそう、と思うほど、いい言葉は思いつかない。
普段から考えていればいいのかもしれんけど、そういうのって
いざという時絶対役に立たないんやろな。

「え、ええやん。最近女子高の寛子ちゃんとええ感じやなかったっけ? 
 ほらよく一緒に帰ってる子いたやん? その子と付き合えばええやん!」

「寛子はそういうんじゃないよ。たまに電車で会って一緒に帰るだけ。
 なんでみんな男と女が一緒にいると付き合ってるって思うのかな~。
 男女間には友情は成立しないのかね!!」

「…それは難しい問題やね」

ペコは両手をポケットに突っ込んでだるそうに歩きだした。
俺も一緒に歩く。俺は何をしたらええんやろ。教えて偉い人(誰…? 大統領あたり?)

「せっかくバンド組むことになって意気揚々してたのになぁ」

ペコがでっかい独り言を喋る。
俺は、せやね~と差し障りない相づちを返した。

「ええやんええやん」

「何がよ~?」

「バンドでイケメンなってモテモテになればええやん。
 綾ちゃんに、振ってもうてもったいなかったわ~! って言ってもらえるように
 ベース練習せえや! 経験者やからって手抜いたらあかんで!」

な! と俺はペコの背中をバッチーンと思いっきり叩いてやった。
ペコはでかい声をあげて、大げさにフラついていた。

「あっきー本気で痛い!!! 
 ドラムやったことないあっきーのが大変なんだからね」

「そうなん。俺ドラムの練習始めて、手が2本しかないことに気付いたわ」

「…今まで何本だと思ってたの?」

2本!!!! あ、ドラムの練習しまくってると手が何本か生えてくるんかもな!!」

「練習しまくったら、たぶん腕2本で上手く叩けるようになるんじゃないかな?」

「…ペコめ」

「あ~鼻水が…とまんない…あっきーティッシュ持ってない?」

「ある」

「マジ? 一枚頂戴」

「家に」

「(あっきーめ…)……あ、みっちー!いいとこいた! 持ってたらティッシュくれない?」

ペコは鼻水垂らしながら、近くにいた同級生(美形)にティッシュをもらってた。
さっきまでグスグスしてたくせにもうヘラヘラしていた。
無理してるのか素なのかわからん(多分素)

「~~~! あ~~スッキリしたわ。みっちーサンキュ!
 ……みつるのやつ、そろそろ俺ら探し出したんじゃない?」

「せやね。まず見つけてくれるかわからんけどな」

ちゅうか百数えるんはかくれんぼやろ。
そう俺が突っ込むとペコは、あ! とでっかい声を出して苦虫を噛み潰したような顔になった。

「なんや…ペコくん達忙しいんか?
 調度荷物あったからティッシュのお礼に運んでもらおうと思ったのになぁ」

頭を抱えて騒いでいる俺達にみっちーという美形男子(しかも眼鏡男子)(並ぶとペコが残念)
苦笑いしていた。みっちーの足元にはダンボールがあって。
中には笛や拡声器、バトンが入っとった。

「みっちー、何これ?」

「体育祭の準備手伝わされてん」

俺体育祭実行委員ちゃうのになと苦笑いしながらみっちーは
廊下につまれたダンボールを教室の中に運んでいく。

「? ペコ? どないしてん?」

ペコがダンボールの中を見て固まっている。
俺もつられて中を見た。
さっきとなんも変わらん………んん?

「ペコ、今何考えとるか当てたろか?」

「多分あっきーと一緒」


俺達はダンボールの中に手を突っ込んでにやっと笑った。
スポンサーサイト

<< お、おかしい | ホーム | あんたら鬼だ!!(望月みつる目線) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。